おやつはリンゴが大好きです(黒ラブりんちゃんの日記)
プロフィール

鈴ちゃんとその家族

Author:鈴ちゃんとその家族
鈴(りん)♪2013年6月4日生まれ
    2015年6月6日天使になる


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモン療法
   
  2015年6月3日  鈴ちゃんぐったり


15:6:3-2

 
  病院へ・・・
  また入院かもと思いながら向かう

  家ではほぼ寝たきりで過ごす毎日で
  「散歩だよ」と言いながら排泄の為外に出る
  足取りはトボトボ・・・フラフラ・・・
  立ち止まると動かなくなる
  家から離れるとツライ
  鈴ちゃんを抱っこして帰らなければならなくなる
  20㎏近くある鈴ちゃん こっちがフラフラになる
  一昨日はお姉ちゃんと散歩中に
  鈴ちゃん倒れてしまった
  横たわったまま動かなくなってSOSの電話をかけてきた
  シューっと救助に走るよ
  スーパーマン?ウルトラマン?アンパンマン?
  おかあマンだ!

  ごはんも日に日に食べなくなり
  大好きだった鶏肉も 気が向かなければ食べない
  作っても食べなくて捨てる 作って捨て・・・作って捨て
  鶏肉が駄目ならと豚レバーを焼いてみた
  最初食べたので「やった!」と思うが
  次は食べない・・・ パンケーキもそうだった

  倒れるのは 貧血状態だから
  耳の中も舌も真っ白
  血液検査をしたらちゃんと数字になって出てきた
  病院の先生はうーーーんと考えて
  入院して水分を身体に入れてラクになるよりも
  貧血を改善した方がいいと判断・・・
  薬をお願いして 先生はすぐ製薬会社に電話をされた
  在庫がなく来週水曜日でないと薬が届かないとのこと
  それまで家の皮下点滴でがんばることになった
  この薬は骨髄に作用して血を作るホルモン剤とのこと

  まだまだ希望があるということだ
  がんばろう


  がんばろう


15:6:3-1

  この日の鈴ちゃんは不思議なことに
  病院に着くと しっぽを振って「いい顔」をみせてくれた
  試食で置いてあった犬用トリーツをパクパク
  「お客さん試食しすぎですよ!」と怒られるんじゃないかと
  おかあはヒヤヒヤ

  背筋をピンと伸ばして シャンとおすわり
  お目目をキラキラさせ
  トリーツを見つめ おとうの「よし!」の言葉を待っている
  ひさしぶりにこんな姿を見たなぁ・・・

  まだがんばれる


スポンサーサイト
今日で2歳になった鈴♪
  2015年6月4日  鈴ちゃんの誕生日を迎えました♪


  鈴ちゃんがうちにやってきたのは 生後2ヶ月のとき
  あっという間に2歳!             ↓

  2014:5:10カワイイ-6

  朝、ソファーの上で
  おとうやおかあ、おねえちゃんたち、おばあちゃんに
  「鈴ちゃんおめでとう!」って頭をなでられ
  「何のこと?」みたいな顔してこっちを見つめていました



  鈴ちゃん昨日よりかなり具合が悪い・・・
  昼間3度嘔吐した ぐったり 心配だ
  
  貧血のホルモン治療薬が待ち遠しい(来週の水曜日に届く)
  これがおとうとおかあから鈴ちゃんへのプレゼントだよ
  二日に1回注射で二週間続けます
  脊髄に働いて血を作ってくれるって
  なんとか とりあえず
  笑って笑って週末を乗りきらなくちゃ
 
  今日仕事が休みの二番目のおねえちゃんが
  Birthdayケーキを準備してくれたけど
  吐くからおあずけ~だって

  

15:6:4-11

  その代わりおとうさんがぎゅーっと抱いてくれた


15:6:4-12

  おかあさんも ギューって

  今日は心から誕生日を迎えられたことが嬉しいよ 鈴ちゃん 




鈴ちゃん がんばれ!
  2015年6月5日 金曜日


  鈴ちゃん がんばれ!と言いながら
  「覚悟」の二文字が頭に浮かぶ・・・


15:6:5-1

  おしっこも出なくなってきて
  顔や身体が浮腫んでいる
  このまま頑張らせるのがツライ
  貧血の薬が効いたとしても効果は2ヶ月くらい
  そうしてまたこんな時間を過ごさせるの?
  繰り返す嘔吐 苦しそうで見ていられない
  一週間ほとんんど食べ物を口にせず
  水も飲めていない
  点滴で入れる水分だけだ
  これで良くなるはずがない
  少しでも身体を楽にしてやりたいと思うばかり



15:6:5-3

  昨夜も今夜もずっと鈴ちゃんと一緒
  眠れない時間がつづく


  
15:6:5-4

  鈴ちゃんは立派だよ 泣いたりしないもん
  どんなにしんどくてもじっと耐えるだけ
  自分の身体に何が起こっているのかも考えず・・・ 
  まだ2歳なんだよ


15:6:5-5
  
  もう「がんばれ!」なんて言えない
  愛おしくてしょうがないよ・・・




長い一日
  2015年6月6日 土曜日



  朝 もう鈴ちゃん起き上がれない・・・

15:6:6-4

  (車へ乗せる) 
  鈴ちゃん しんどいよね しんどいよね
  すぐに病院へ行くからね
  病院へ電話を入れ 急患で診ていただく・・・すぐに点滴
  「このまま入院でも夕方様子を見に来て下さい」と先生

  「点滴の機械をお借りできれば、今夜は家で看ますから」とおとう
  偉いぞ!ドクターXL

  夕方までできる限りの処置をお願いして鈴ちゃんを預けた
  少しほっとした時間ができる

  鈴ちゃんが帰ってくるまでに
  ごはんを済ませて 買い物に行って
  掃除と洗濯を・・・ひたすら洗濯機を回している気がする
  これが冬だったら大変だったな
  いろんな事が頭の中をぐるぐる浮かんでは消える
  
  大丈夫!大丈夫!


  そして夕方病院へ 
  先生もホルモン療法薬が届く水曜日まで待てないと判断
  別のルートで造血剤を手配して下さっていた
  明日の夕方には届き 鈴ちゃんの身体へとのこと
  本当にありがとうございます
  おとうは別の薬を6時間毎に入れなければならないと
  入れ方を習って 点滴のパックをどっさり抱え
  
  「鈴ちゃん お家に帰ろう♪」

15:6:6-15

  「鈴!おとうちゃんは頑張るよ」 とVサイン!
  「鈴ちゃんに私の元気を送るよ~」 とおねえちゃん



15:6:6-12

  鈴ちゃんは何を思っていたのかな?




鈴ちゃんと過ごす最後の夜
  2015年6月6日 夜11時


  その時は突然やってきた



15:6:6-12
  
  家に帰ってからも繰り返す嘔吐 何も出てこない
  鈴ちゃんの身体の中はきっと毒素でいっぱいなのだ

  ずっと横たわったままだった鈴ちゃんが突然立ち上がろうとした
  「こんなになっても排泄は外でしたいみたい」と
  点滴のチューブを外し準備をする
  おとうとおかあで鈴ちゃんの身体を支えた瞬間だった

  どこか定まらない視線で上の方を仰ぎ
  今まで歯をくいしばって 堅く閉じていた口が開いて
  舌を出したと思ったらもう呼吸をしていなかった
  まさかこんなに早く逝くなんて思わなかった
  まだまだ頑張れるって思っていた
  鈴ちゃん何も言ってくれないんだもん

  それからは
  悲しくて悲しくて悲しくて・・・
  泣いて泣いて泣いて




15:6:6-16

  まるで人との別れのような・・・
  生まれて初めて体験する動物との別れ


15:6:6-14

  大好きだった黒いソファーで
  家族みんなで鈴ちゃんとお話しをした


15:6:6-13

  助けてあげられなくてごめんねと謝り
  もう苦しまなくてまなくていいよ
  いっぱいがんばったねと褒めて
  鈴ちゃんが私たち家族のところに来てくれて
  いっぱい幸せにしてくれてありがとうって感謝して
  おとうが一番泣き虫だったよ


  
  明日は日曜日
  みんな働いているからって
  鈴ちゃんは考えてくれたのかな?
  それとも一人で逝くのが嫌だから
  全員揃った時を選んだの?
  なんて・・・
  本当に人間って都合のいいように解釈する
  そうやって折り合いをつけるのも人間だ
  お葬式の準備もしないとね・・・
  大山の見えるところに行こう






お葬式の日

  2015年6月7日  初夏



  鈴ちゃんの旅立ちの朝

  最後に家族みんなで鈴ちゃんの身体を拭いた
  あんなに嫌だった耳のそうじもちゃんとやらせてくれたね
  可愛かったクリっとした目はもう開けることはないんだね
  食いしん坊の口からもっと美味しいもの食べさせてあげたかった
  点滴の針をいっぱい刺して痛かったね

  みんな口には出さないけれど「思い」が止まらない
  いっぱい褒めてやろうと思うのに・・・後悔ばかりが先に立つ
  もうどうしようもないのに

  とにかく今日は鈴ちゃんを天に昇らせてやらないと
  家族としての使命なんだよ


15:6:7-1

  抱きしめて 抱きしめて



15:6:7-2

  食べられなかった誕生日のケーキも持って行ってね 鈴ちゃん


15:6:7-3


15:6:7-4

  本当にかわいい かわいい かわいい子


15:6:7-5

  鈴ちゃんには 「ありがとう」の言葉しか浮かばない







15:6:7-6



15:6:7-7

  大山メモリアルパーク  緑が美しい季節に
  

  
15:6:7-9

15:6:7-10

  鈴ちゃんは自由になった






15:6:7-11

  おうちにお帰り♪鈴ちゃん




  それから
  クロちゃんとマリーちゃんから鈴へ
  お花とリンゴが届き


15:6:8-1

  マリーちゃん&クロちゃん
  パパやママたちと鈴を思い出し 泣いたり笑ったり
  一緒に悲しんで下さり 感謝でいっぱい


15:6:8-2

15:6:8-5





15:6:7-12

  夜 ビールを飲んだおとうは 鈴ちゃんのいない黒いソファーで
  ひとり・・・うたた寝をはじめ・・・



  きっと横で鈴が寄り添ってるね

  みんな お疲れさま ありがとう(鈴)



穏やかな気持ちになるまで
  2015年6月12日



15:6:8-4


  ご心配していただいた皆さんへ
  6月6日午後11時 鈴ちゃんは天使になりました
  今日で七日目です すぐにご報告できなくて・・・
  ごめんなさい そして
  励ましをたくさんありがとうございました


  ですが・・・
  まだ鈴ちゃんを神様におかえし出来なくて〜ダメだな〜
  鈴ちゃんがひょっこり出てきて
  お気に入りのソファーにいたり
  足音が聞こえたり 側にいるような感覚
  平気だ平気だ!と思っていても
  ふとした瞬間に涙が出ちゃうね
  鈴ちゃんの残してくれたものをかき集めています



15:6:8-5

  時間が癒してくれるまでもう少し
  鈴ちゃんの思い出に浸っていたいと思います
  ・・・可愛かったなぁ 鈴ちゃん
  



Love Love 大御崎
15:6:21-4



15:6:21-1

  鈴の大好きだった場所 大御崎のドッグラン
  一年前おっかなびっくりでおじゃましてランデビュー♪
  以来たくさんのワンちゃんたちと触れ合わせていただきました
  先日大御崎のお友達から御花が届きました・・・(号泣です)
  ありがとうございます(おとう
  ありがとうございます(おかあ
  ありがとうございます(Aおねえ
  ありがとうございます(Yおねえ
  ありがとうございます(Rおねえ
  ありがとうございます(ばーちゃん

  うちは女の子ばかりなので
  鈴(の家族)が大好きな色 ピンクがメインのカラフルな花かごに
  癒されました 元気がでました


15:6:21-3


  大御崎ではハッチャケ駆け回り
  鈴はボールを追いかけるのが大好きでした
  
2014:5:31-3


8:17-9


ラン12:23-13


りんひな-9

15:4:12-8


15:4:12-6


15:2:28-10


2014:5:18ランデビュー4


  みんなありがとね♪(鈴)



15:6:21-2

  うれしくて♪ 鈴ちゃん天に昇っちゃうね♪


15:2:8-2

  う~ん どうしようかな~ (鈴)
  
  う~ん まだまだそばにいてほしいおかあですわ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。